当オフィスでは、長い間離婚問題を取り扱っているので、実は、お子さまのお話を伺う機会も多いんですね。

「離婚問題でなんで子どもの話?」

って思われるでしょうか……?

夫婦問題が大きくなれば、子どもの精神状態だって不安定になるのは当然のことです。

親はうまく隠しているつもりでいたとしても、子どもに全く伝わらないなんてことはあり得ません。

人間の不安の大きな要素は『わからない』ということです。

隠していればいるほど、「家はどうなっしまうのだろう?」と、どんどん不安になって行っても何も不思議じゃありません。

子どもは不安であればあるほど、気持ちを口にできなくなります。

言葉にできない分、問題行動を起こしたり、具合が悪くなったりという形で表現するんですね。

そういうときに、私がご両親の変わりに、お子さんと一対一で、本心はどうなのか?を何度も聞いてきました。

私がお子さまの話を直接聞かせていただくきっかけになったのは……

ご夫婦の不和が原因で、心療内科に通っている中学生の女の子がいたんですね。

「親の不和が原因ってわかっているのに、心療内科なんていらないんだよ?」

と話したところ、

「娘の本心を聞いて欲しい」

ということで、その女の子と二人で話させてもらいました。

彼女は、心の中に大きな不安と、そして小さな希望を一人で抱えていました。

「それ、お母さんに伝えてもいい?」

と聞いたら、彼女はこくんと頷いてくれたので、彼女の気持ちをお母さんに伝えました。

直後から、彼女は心療内科が必要なくなりました。

もう何年も前の話なのですが、クライアントだったお母さんは、それを今でも喜んで覚えてくれています。

以来、何人ものお子さまの話を直接聞かせていただくようになりました。

 

9c010f2d45939d24df714e2d2b16c941_s

 

子どもカウンセリングはこんな方にオススメです。

・子どもが精神的に不安定だ
・最近、お子さんとのコミュニケーションがうまく取れない
・お子さんが塞ぎ込みがちだが、どうやって聞き出したらいいかわからない
・すぐに親子喧嘩になってしまう
・子どもが荒れている
・子どもとの関係がギクシャクしている
・子どもが何か苦しそうだ

お子さまの話を、私が直接聞かせていただき、タイミングを見て親御さんに話させていただくカウンセリングはとても有効です。

間違っても、精神病院や心療内科に連れて行かないでくださいね!

お子さんがどんなに不安定でも、それは病気ではありません!

必ず原因があるのですよ!

だから、薬では治らないのです。

病院に連れて行き、薬を飲ませてしまったら、解決はずっと先延ばしになってしまいます。

後で待っているのは、今よりもっともっと辛い地獄です。

今、そういう地獄のような思いをしているご家庭がたくさんあるのですよ。

あなたもそこに仲間入りしないでくださいね。

必ず解決策は見つかります。

一緒に問題を解決して行きましょう!

 

※お子さまのみからお話を伺う場合は、通常の個人対面カウンセリングの料金となります。
お電話でのカウンセリングは受け付けておりません。
お子さまのお話をうかがったあと、親御さんとお話させていただく場合、もしくは同席されて一緒にカウンセリングされる場合は、親子カウンセリングの価格となります。