どんな問題が起きたときも、自分にとって、何が一番大切なのか、何を一番残したいかを考えることが大切です。
 
離婚問題が起きたとき……
離婚すること自体なのか
お金なのか
家なのか
子どもの親権なのか
 
どれを一番手に入れたいのかを考えます。
 
1位にするものは、別にキレイ事じゃなくて構いません。
欲でもいいんです。そこに善悪は存在しません。

d02516ca8e6fce4337730d5d645d948e_s

 
断薬でツラさとの戦いに負けそうなとき……
どうして断薬しようと思ったのか
断薬して何を手に入れたいのか
 
職場の人間関係で悩んだとき……
どんな目的でそこに入ったのか
何をそこで得たいのか
人なのか、お金なのか、経験なのか
 
 
人間ってね。
本当に手に入れたい1位のものが入れられれば、もし2位・3位が手に入らないとしても、納得できたりするものです。
 
その場に居て苦しいことがあっても、最大優先事項の1位が手に入るのであれば、なんとか頑張ることもできるのです。 
 
一番大切にしたいものが手に入らない場合、初めて、「さて、ではこの場面をどうするか」と考えればいいのです。
 
普段から、「自分がこの場面で一番手に入れたいものは何なのだろう?」と考えるクセをつけておくと、どんな問題でも、どう向き合うえばいいかがわかるようになります。