他人の言葉にいちいち傷ついてしまう貴方へ。他人は本当に好き勝手ものを言うものです。

こんにちは。
埼玉県吉川市にて家庭問題解決/心理/断薬のカウンセラーをしています工藤史惠です。


他人の言葉にいちいち一喜一憂してしまう人って多いですよね。
何気ない他人の言葉に、ものすごく傷つき、落ち込んでしまう人もいます。

私も他人の言葉を気にしてしまいがちなので、その気持ちはよくわかります。

でも、他人の言葉なんて本当に無責任で勝手なものです。

最近、小室哲哉氏の引退に伴う報道で、また様々な意見が述べられているのをよく目にしたので、それを例に挙げてみますね。

今回の引退報道に関して、たくさんのワイドショーを録画までして観てみました(笑)

そうしたところ、番組内の芸能人のみならず、街中の声として様々な意見を見聞きすることができました。

「もう不倫をとやかく言うのはやめようよ。誰にも迷惑かけていないのだから……」
「あれは不倫ではないんでしょ?」
「介護は本当に大変なんです」
という意見。

今回は小室さんを擁護する意見がたくさん出てきましたね。

かと思えば
「奥さんが可哀想だ」
「KEIKOさんの容態はプライバシーなんだから公表しなくてよかった」
「介護を言い訳にするな」
「相談するなら異性じゃなくて同性の友だちに」
などの厳しい意見も飛び交っていますね。

ほんと、みんなあまりの好き勝手な物言いに、いい加減呆れ果ててしまいました。

 

「もう不倫をとやかく言うのはやめようよ。誰にも迷惑かけていないのだから」

一昨年の正月早々……。
ベッキーの不倫騒動で、世の中は毎日その話題でもちきりになりましたね。

あの時、不倫は許せない!と言っていた意見が散々出回っていたのに、どの口がそれを言ってんの?って感じで、鼻で笑ってしまいます。

誰にも迷惑かけてないって?

それを言うならベッキーだってそうだったでしょう?
なのになんであのときは、あんなに皆で攻め立てたの?

 

「あれは不倫じゃないでしょ?」

小室さんが肉体的に機能しないと言ったから?

肉体的に機能しなければ、万が一、素っ裸同士で寝ていたとしても不倫じゃないって擁護してあげちゃうんだ?

一晩中、一緒に裸で寝て、キスなんぞしていたとしても?

え? 不倫って肉体オンリーで、心は完全無視?

他の人が「一線は越えていません」と頑として否定していたとしても、「そんなの嘘だ」とか言って微塵とも信用しないのに。

ということは、今後は一線を越えているかいないかとを判断するのは、機能するかしないかの判断ってなるわけ?

 

「介護は本当に大変なんです」

介護は確かに大変です。

でもそれだからって、全てを擁護してしまうのもおかしな話。
いや、私は不倫を全否定しているわけではありませんよ。

私は長年、離婚問題を扱ってきましたから、不倫だろうが何だろうが、
「その人にはその人の事情がある」
というスタンスで全てのお話を聞きますから、どんな話でも強く擁護することも否定することもありません。

でもだからって急に理解者になっちゃうのもねぇ。

そんな突然の「小室さんを理解できます」目線て……(苦笑)

 

「奥さんが可哀想だ」

KEIKOさんの理解力がどこまでかわからないのに「可哀想だ」とか……。

同情しているフリをして、自分をいい人アピール。
ほんと、これまた鼻で笑ってしまいます。

KEIKOさんが可哀想か可哀想じゃないかは、KEIKOさんしか判断できません。

本当はね。
他人に可哀想だと言われることが一番可哀想なんですよ。

だって他人を可哀想と思う視点というのは、全部、上からですからね。

 

「KEIKOさんの容態はプライバシーなんだから公表しなくてよかった」

それは記者会見で小室さんが細かく話してくれて状況がわかったから、そんなことを言うんでしょう?

これが逆に言わなかったら……

貴乃花親方の件のように
「ちゃんと説明してくれなきゃ状況がわからない」
とか
「介護と騒いでもそんなに大したことないんでしょう?」
とか言うんじゃないの?

ちゃんちゃらおかしい話です。

 

「介護を言い訳にするな」

「介護は本当に大変なんだ」と小室さんを擁護する意見に対して、こんな言葉も街中の異端ビューで溢れていたようですね。

介護じゃなくたって、ただの夫婦の不和なだけだって、不倫の言い訳を言う人はたくさんいますよ。

ってか、何が言い訳だっていいじゃない。

その人が本当に何にどのくらい疲れていたかなんて、その人にしかわかりません。

しかも、何かに疲れて逃げようとするときは、そのひとつの問題だけじゃないのは明らか。

みーんな、色んなことが重なって疲れてしまって現実から逃げて癒やされたいと思うことがあるんです。

 

「相談するなら異性じゃなくて同性の友だちに」

もう完全にアホですね。

友だちなんて、そんな一番アテにできないものに何を求められるんですか?

例えばね。
「夫婦関係に疲れたよ」
なんて相談しようものなら
「そんなに嫌なら別れちゃえばいいんじゃね?」
って、身も蓋もない、「あんた、本当に考える気あんの?」的な答えを言う人がたくさんいるんですよ。

「そんなの本当の友だちじゃない」って?

んじゃ、本当に親身になって
「いつどこからそんな風に考えるようになったの?」
「二人でいるとき、どんな感じだったのよ?」
「どんな会話をしたの?」
「それで貴方は本当はどうしたいの?」
「そうするためには、何から片付けた方がいいと思う?」
なーんて、いちいち聞いてくれる友だちがいると思いますか?

いないから(笑)

しかも、1回ならまだ興味本位で相談に乗ってくれるフリをして聞いてくれる人もいるかもしれませんが、2回・3回となってみた途端

「まだいい加減、結論出せないの?」
「いつまで同じこと言っているの?」
「いい加減、そんなに暇じゃないんだよ」

と思われるようになってしまうのです。

で、いつの間にか友だちと思っていた人と距離ができてしまうとかね。

みんな、薄々そういう本質的なものがわかっているから、本当に悩んだときは友だちにすら話せないんです。

私たちみたいな相談を受ける専門家がいるのは、本当に悩んだとき、本当にきちんと相談に乗ってもらえる友だちなんて世の中にいないということがわかっているから、真剣に話を聞くんですよ。

過去「友だちに相談しても話にならない」という言葉を何回聞いたことがあるでしょうか。

 

しかも小室さんは男性です。

男性脳の基本は『アドバイスしたがり』です。

ただ話を聞いてもらいたい、愚痴をこぼしたいなんて思って話しても、アドバイスを求めていないことまでアドバイスされてしまいます。
(女性から見たら、これが本当に鬱陶しいんです(笑))

別に、誰かに解決するためのアドバイスをもらいたいと思っているんじゃない場合は、同性の友だちに話すなんて、そんなあり得ないことないですね。

うっかり話そうもんなら、わかった気になってあれこれ言われるか、はたまた、何もわかってもらえなくて、世間の声と同じような無責任なことを言われるのがオチです。

また、これは大切な点だと思いますが、小室さんは別に本気で相談したかったんじゃないと思いますよ。

癒やされたかったんでしょう。

相談したいというのと癒やされたいというのは全く違いますね。

男性が癒やされたいと思うときに、同性に話して癒されるでしょうか。
それならまだ女性が女性に話した方が癒やされますね。

 

人を善悪で語る危険性

と、まぁ、小室さんの引退会見以降の色々な番組の言葉を聞いて、あまりにも身勝手な言葉が多すぎて、今回は毒を吐きまくってしまいました^^;

一昨年、ベッキーの件があったときに、アメブロにて、
ベッキー・川谷氏・川谷氏の元奥様……
それぞれの方からもし相談をされたらということを記事に書いたことがあります。
もし今回のベッキー騒動のようなことを相談されたら……

 

私はどんに相談においても、善悪を決めることはありません。

まぁ、明らかに「それはあんたが馬鹿だよね(笑)」と言えるようなことは言いますが、それでも「貴方が悪い」ということは言いません。

だってね。
人を殺すとか、違法薬物に手を出すとか、悪意をもって人を騙すとか……

そんな刑事事件に引っかかるようなことではない限り、善悪で語れるってことは意外と少ないんですよ。

ワイドショーはもはや、公開裁判のような番組になってしまっています。

事実を報道するのではなく、そこに憶測や勝手な独断と偏見による意見を羅列し、ただ善悪だけで物を語る。

語っている人たちは、どれだけ立派なお方なのでしょうか。

まぁ、そんな風に作らないと番組にならないのであろうこともわかりますし、語っている人たちも、このように言われるのがわかっていて語っているのもわかりますので、それはそれでとても大変なお仕事だと思います。

でも、思うんです。

今回、小室さんを引退に追いやったと文春がものすごく叩かれていますが……

文春は善悪で批評しているかなぁ。

ある意味、事実しか語っていないんですよね。
その報道された事実に対して、善悪で物を語り評価しているのは、世間一般の読者の方です。

報道された事実に対して「あ、そうなのね」としか受け取らず、騒がなければ、報道された人たちは、世間の声を怖がって引退することを選択するでしょうか。

事実を報道されたということにより、世間の無責任な声に晒される……
そのことが恐怖でたまらないから、皆さん、引退という選択をするのではないでしょうか。

人を善悪で語る……

それがどれだけ間違っているかということにそろそろ気づくべきなのではないでしょうか。

 

別に、他人を理解しきる必要もありません。

わからないのが基本なのですから。

私はカウンセラーなので、相談者のことに関してはわかろうと最大限の努力をします。

なぜなら「わかってくれ」と相談にいらっしゃっているからです。
なので、私はクライアントのお話を伺うときは、自分の身体の穴という穴を広げて、一言も落とさないぞという感覚でお話を伺っています。

でも、オフのときはそんなことはありません。

まぁ、基本、あまり他人に興味がないので「で、それから?」と聞き返すこともありましません^^;

 

集団心理は本当に怖い

人間は集団になると、突然、自分が強くなってしまったような気になります。

集団だから、万が一何か自分が傷つくようなことが起きたとしても、集団の皆も一緒だと思うと怖くなくなるのです。

集団心理は本当に怖いです。

誰かが、真実を知ることなく「それは悪だ」と判断してしまい、大多数の人がそれに賛同してしまったら、真実は『善』のことでもそれは『悪』となってしまうのです。

その人の本当の事情や気持ちを理解しようなんてしません。

理解しているように語るのは全て自分勝手な憶測です。

 

他人の言葉なんて全て大したことではないと割り切ってしまえ

それでも他人の言葉って怖いですよね。
それはとてもよくわかります。

でも、今まで見て来たように、本当に他人は好き勝手を言うものなんだということはよくわかりましたね?

だからもう、割り切ってしまいましょうよ。

その人が何を言おうが、自分には関係のないことです。

もしかしたらもう一生会うこともない人の言葉です。

その人の言葉で自分が生きようが死のうが関係ないのと同じように、こっちから見ても、何かを言った人が生きようが死のうが関係のない話なのです。

そんな他人の言葉に自分の人生をかき回されることがどんなに馬鹿らしいことか。

何かが起きたとき、「周囲に相談できる人もいない。自分は友だちもいないんだ」なんて落ち込む必要も全然ないですからね。

実はみんな、そんなものなのです。

これからは他人の言うことに一喜一憂せず、自分の真実を見つめて、自分自身が唯一本当の自分の気持ちを聞いてあげられる人間として、自分自身に
「何がつらいの?」
「どうして嫌なの?」
「本当はどうしたいの?」
と聞いてあげましょう。

それが一番の問題の解決になるのです。

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

ブログランキングに参加しています。ぜひポチッとをお願いしますm(_ _)m
    

-------------------------------


精神薬の断薬のご相談もお受けしています。詳しくはコチラ!
http://danyaku-soudan.com/

Follow me!