こんにちは。
埼玉県吉川市にて家庭問題解決/心理/断薬のカウンセラーをしています工藤史惠です。


午前中、地震速報が鳴りましたね。
数年前には何度も何度も聞いた音ですね。
 
「離婚したいけど、どうしたらいいか……」
とご相談をいただいたとき、よく聞くことがあります。
 
「もしパートナーと離れている場所で何らかの災害に巻き込まれたとき、真っ先に相手のことを心配すると思いますか?」
 
じっくり考えてみて、情だろうが何だろうが、それでも相手のことを心配すると想像できるのであれば、まだ別れる段階ではありません。

 
人間、好きの反対は嫌いではありませんからね。
 
好きの反対は無関心。
 
生死を心配するようなシチュエーションになっても、もう相手を真っ先に心配することはないわ。
他の人(子どもでも親戚でも恋人(?)でも)を心配することで忙しいわ。
 
と思うようであれば、本格的に別れることを考えましょう。
 
そこまで関心のない人と一緒にいることの方が苦痛だし、それは相手に対してもとても失礼なことですもんね。
 
対して、相手に愛はないと思っていても、情があるのであれば、関係性を見直すチャンスはいくらでもあります。
 
男女関係は
恋愛感情から始まり
いつしか恋が取れて愛情になり
時間とともに愛が取れて情になり
最後に心(りっしんべん)が取れて青くなってしまったときに
終わりを迎えるものなのです。
 
自分が今どんな状態にあるのか、それをきちんと確認してみましょう。
 
それがちゃんとわかれば、この先どのように進めばいいのかが冷静に判断できるはずです。

-------------------------------

↑のバナークリックで電話を掛けることができます。

メールでのご予約・お問い合せはこちらのフォームをご利用ください。

-------------------------------

ブログランキングに参加しています。ぜひポチッとをお願いしますm(_ _)m
    

-------------------------------


精神薬の断薬のご相談もお受けしています。詳しくはコチラ!
http://danyaku-soudan.com/